BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

中古物件の売却について

2020/07/25
「中古物件を売却したい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?

居住者の転居などにより、空き家を所有することになってしまうケースは全国的に増えています。

空き家になると劣化が進んでしまったり、火事の火元となることもあります。

なるべく早いうちに対応を行うことが必要不可欠なんです。

では、中古物件を売却したいときどうすればよいのでしょうか?

▼不動産会社へ相談

■複数の不動産会社で査定してもらいましょう。

▼不動産会社はどこをみている?

■築年数

購入する側は築年数を目安とするため、築年数は売却査定に大きく影響します。

■環境

住宅のカビや劣化などの目安として、臭いや日当たり、風通しなど周り建物の環境も見て良し悪しを判断します。

■騒音や近隣トラブル

大きな通り沿いの騒音や、過去にご近所トラブルがあった場合はマイナスポイントとなってしまいます。

■耐震基準

日本はたびたび大きな地震に見舞われていることもあり、耐震基準も改正、変更されてきました。

耐震基準には、旧耐震基準、新耐震基準があり、どちらをクリアしているかも重要な査定基準となります。

■修繕履歴

購入する側は、過去の修繕履歴を知りたいと思っています。

修繕履歴が分かる書類があると、メンテナンスされている住宅であるという良い印象を与えることもできます。

■生活に便利な場所であるか

スーパーや学校、病院など生活する上で便利な場所であるかどうかも査定基準とされます。

▼査定の流れ

売主様からの聞き取り⇒物件の内見⇒周辺調査⇒資料の収集。

ご相談から1週間ほどで査定価格を提示。

▼さいごに

弊社では、不動産に精通したプロフェッショナルが在籍しており、不動産の売買を行うお客様をしっかりとサポートいたします。

ほとんどの場合、土地や建物の売買が初めてというお客様ばかりです。

これまでに培ってきたノウハウを駆使することで、お客様が安心して取り引きに臨めるように丁寧に業務を遂行してまいります。

「安心・安全な取引」を提供することをモットーとしておりますのでぜひお問合せくださいませ。