BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

土地 購入の流れについて

2020/08/01

家を建てるとなった時に、土地探しが重要になってきます。
土地が見つかっても、いざ購入となった時にどんな手続きがあるのかご存じない人が多いと思います。
今回は土地の購入の流れについて簡単にご紹介していきたいと思います。

▼土地購入から契約までの流れ
契約前の重要事項説明、契約書はしっかり確認しましょう。

■買付証明書の提出(購入申込書、買付申込書)
買付証明書によって購入したい意思を書面で提出します。
購入の希望金額、契約、引き渡し時期などを記入します。
仲介の場合だと、買付証明書をもとに仲介人が売主か売主の仲介人と交渉していきます。

■住宅ローンを事前に調査
早めに金融機関に住宅ローンを使う場合、融資の事前審査の申し込みをします。
事前審査には建てる予定の建物図面及び見積書が必須になります。

■契約前に重要事項説明を専門の有資格者から受ける
法律上、宅地建物取引業者によって重要事項に関して書面を交付し説明することとされています。
前もって内容を確認しておけば、重要事項説明の際すんなりと進むでしょう。
・登記簿記載の事項
・代金授受の方法
・契約の解除
・都市計画法、建築基準法などの制限など

■不動産売買契約
土地代と費用の支払いと一緒に所有権移転登記の申請をして土地の引き渡しができます。
どうしても引っかかることがある時、納得いかない点がある時には、契約を解除できる最後のチャンスにもなります。

新築を建てるために土地をお探しのお客様の中には、気に入った場所に購入できる住宅用地がなくて、困っているという人も少なくありません。
当社は、不動産売買を専門としており、お客様に安心とご満足いただけるようにサポートいたします。
土地、建物、不動産に関するお悩みなどありましたら、何でもお気軽にお問合せ下さい!