BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

マンションを購入するときの手続き

2020/08/13
マンションは、ずっと借りるくらいなら、いっそのこと買ってしまった方が得だと感じる人は多いですよね。
購入したいけれど、どのような流れで進んでいくんだろう…と、気になっている人に、マンションを購入までの簡単な流れを説明していきますね。
▼まずは購入申し込み(購入予約)をする
気に入った物件が見つかったらまずは購入申し込み(購入予約)をします。
購入申し込みとは、ただ購入をする意思があると表示するだけのものであり、この時点ではまだ購入確定ではありません。
物件によってはいくらか「申込金」を支払うところもありますが、購入後マンション代の一部に当てられますし、契約キャンセルになった場合には全額返金されます。
申込みをした後にキャンセルすることになっても違約金のようなペナルティは発生しませんし、支払った申込金は全額返金されますが、安易な申し込みは避けましょう。
▼住宅ローンの事前審査を申し込む
住宅ローンの審査が通らなければローンが組めなくなり購入が難しくなるので、マンションの購入申し込みをする前に住宅ローンの事前審査が必要な場合もあります。
住宅ローンの事前審査には申し込んでから大体1週間くらいかかります。
事前審査を行うと今後の資金計画も立てやすくなりますよ。
〈住宅ローンの事前審査で用意するもの〉
・事前審査申込書
・本人確認書類
・源泉徴収票
・確定申告書
・返済予定表
・物件情報
▼住宅ローンを申し込む
事前審査に合格したら住宅ローンを申し込んで本審査を受けます。
〈本審査に必要なもの〉
・本人証明証
・収入に関する書類
・売買契約書などの物件確認資料
本審査は結果がわかるまで2週間から4週間程かかります。
▼住宅ローンを契約する
本審査に受かると銀行からの融資が受けられるので、「金銭消費賃借契約」を結び、物件が引き渡されます。
〈住宅ローンの契約に必要なもの〉
・印鑑証明書
・住民票
このような流れでマンションの購入手続きが完了します。