BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

土地販売 販売広告について

2020/11/01
相続した実家の土地を手放そうか悩んでいる人いませんか?
今回は「土地販売 販売広告」についてご紹介していきたいと思います。

▼土地販売について
土地を売りたいと思ったら、まず自分で立地条件、隣接地との境界線が有るか無いか、更地なのか、古家があるか、相続した土地
なのかなどの、売却したい土地のことを確認しましょう。
そしてあらかじめ、売却するのに必要な書類を準備しておきましょう。
それらが終わったら不動産会社によって査定基準も違ってくるのでいくつかの不動産会社に土地の査定をしてもらいます。
不動産会社が決まり売り出し価格を決めて売却活動をはじめます。
購入を希望する人と合意ができたら売買契約を結びます。

▼販売広告が必要な理由は?
売り出し中であることをアピールすることができ、購入したい人を見つけることができます。
チラシを新聞に入れたり、住宅のポストに投函したりしていましたが、現在ではネット広告を掲載する方法が取り入れられています。

▼独自のキャッチコピー
2つ以上の長所をキャッチコピーに載せると、希少な物件であることを演出できます。
こうしたキャッチコピーがあれば、目にとまりやすいですし、適した買い手を見つけることも可能になってきます。
若者に向けてであればおしゃれさをアピールしたり、40代以上に向けたものであれば耐震性といった部分をアピールするなど、
ターゲットによって変えてみる必要もあるかもしれません。
売り手へのアピールが大事になってきます。

これまでに培ってきたノウハウを駆使することで、お客様が安心して取り引きに臨めるよう丁寧に業務を遂行しておりますので
初めてのお客様でも安心してお任せいただけます。
土地や建物、不動産に関するお悩みなどありましたら多数実績がある当社にお任せください!