BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

不動産の売却代金はいつ受け取れる?

2020/11/08
不動産を売却した場合、「いつ代金が受け取れるの?」と入金のタイミングについて気になりませんか?
今回は、不動産の売却代金について紹介しています。

▼不動産売却代金の入金のタイミング
不動産の売却代金は、以下のタイミングで入金されることがほとんどです。
・売買契約を締結したとき
・決済、引き渡しのとき
不動産売却の手続きは、契約や申し込み、交渉など様々な手順をふまなければいけないので、
全て入金されるまでには、1ヶ月半ほどかかると覚えておきましょう。
それぞれについて詳しく説明します。
■売買契約を締結したとき
まず売買契約時に、手付金として10%ほど入金があります。
手付金は、売買者のどちらかにトラブルがあった場合、契約を解除するために使う重要なお金です。
手付金を受け取ったからといって、すぐには使わずなるべく保管しておくようにしましょう。
■決済、引き渡しのとき
手付金として支払われなかった残りの分を、引き渡し時に受け取ります。
この時に代金の領収証のコピーを保管しておきましょう。
領収書と言っても、手続きの証明書類になるので、権利書や売買契約書といった書類等に不備があった場合に必要になります。

▼不動産売却代金の受け取り方法
代金の受け取り方法は、現金と小切手と銀行振込といった方法があります。
手付金は現金や小切手で渡されることがあるようですが、なんらかのトラブルになる可能性があるので、
銀行振込での入金が主になります。
不動産売却の入金ですので、大きな金額を受け取るとなると銀行振込が安全な方法だといえます。

今回不動産の売却代金について紹介しました。
全て入金するまでには時間がかかり、手付金や領収書はしっかり保管しておくことが重要です。
これから不動産を売却したいと考えている方は、参考にしてみてください。