BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

土地を高く売る方法

2020/11/22
土地を売るなら少しでも高く売りたいですよね。
しかし、土地売買に関して知識のない個人では、土地を高く売るのは中々難しいもの。
土地を高く売る方法とポイントを紹介します。

▼土地を高く売る方法
一般的に土地を高く売る方法は以下の通りです。
■少々高めの価格設定
一般的に買い手が値下げ交渉するため、契約が成立する価格は売り出し価格よりも低い場合がほとんど。
先を見越して少し高めの価格設定が◎
■値上がりのタイミングで売る
景気によって土地の価格は上下します。高く売るなら、土地の相場が高い時期に売りましょう。
定期的に土地の相場を確認しておくと◎
■境界を確定する
境界は裁判事件になることもあるため、境界が確定していないと売れにくくなります。きちんと境界を確定し、買い手が安心して購入できるようにしましょう。
■隣地を買い足してから売る
整形ではない一部欠けたような土地の場合や道路に面していない土地の場合、隣地の買い増ししてから売ると高くなります。
■地盤調査をしておく
近年多発する地震の影響で、地盤の頑丈さを気にする方がいます。「地盤調査済物件」のみを探す方も多いので、高く売るために地盤調査するのがおすすめです。
地盤調査は専門業者に5万円ほどから依頼でき、半日程度で結果が分かります。
■土壌汚染調査をしておく
土壌汚染を調査しておくと、買い手が安心して購入できるため高く売りやすくなります。土壌汚染調査は、専門の汚染調査会社に依頼するのが一般的です。
■信頼できる不動産を選ぶ

土地を高く売るには、様々な調査が必要です。個人で売買することも可能ですが、土地のプロにみ早く確実に売りましょう。