BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

不動産仲介業者はどんな仕事をしてくれる?

2021/01/15
不動産を売買する際には欠かせない不動産仲介業者。いったいどんなことをする仕事なのでしょうか?

▼不動産仲介とは
不動産の仲介業者は、売り主と買い主の間に入って取引をサポートします。

売り主と買い主の間には、持っている知識や考え方の違いあります。それが原因で、個人間での取引では売買が上手くいかない場合があるのです。

そんな時に仲介業者がいると、売買が円滑に行われるようになるのです。

▼不動産仲介業者はどんなことをしてくれる?
不動産仲介業者は以下のような業務をおこないます。

・不動産の査定
・媒介契約
・物件の宣伝
・売買の交渉
・売買契約の締結
・買い主への不動産の引き渡し

このように不動産仲介業者は、不動産取引がおこなわれる前から引き渡しまで、全面的にサポートしてくれます。

▼良い仲介業者を選ぶコツ
まずは対応が丁寧かどうかをチェックしましょう。対応が丁寧な業者は、不動産売買の仕事も丁寧にこなしてくれるでしょう。

物件の査定額についても丁寧に根拠を説明してくれるほうが、大事な物件を安心して任せられますよね。

しかしあなたが見積もりをしてもらった業者が、しつこく営業をしてくるようなら要注意。「宅建法」という法律に触れる可能性があります。その業者は信用できないと思ったほうが良いでしょう。

▼まとめ
不動産仲介業者は、不動産売買を代行します。有限会社メテックでは不動産売買のプロが取引をおこないます。
売り主も買い主も納得した形で取引が運ぶようお手伝いさせてください。不動産仲介業者をお探しなら、ぜひ有限会社メテックまでお気軽にどうぞ。